オナ見せのブログ
オナ見せのブログ

オナ見せ

 私の心の中には、オナ見せ願望がありました。
1人で触っている恥ずかしい姿を、男性に見られて興奮したい。
年齢34歳、既婚で子供のいる私が、そんな妄想に取り憑かれてしまっていたのです。
もちろん、浮気して楽しみたいという気持ちではありません。
あくまでも、オナ見せをするのみ。
ネット上だけの関係。
こう言った関係だったら、浮気にもならないし、安全性も高い。
思い切って、私のオナニーを見てくれる男性探しをしようと、出会い系に登録しました。

 出会い系の電話エッチ掲示板に投稿してみたのですが、反応は上々でした。
私とエッチ通話をしたい男性からの連絡がやってくる。
私のオナニーを見たいと思う男性がいる。
ワクワク感が、胸にいっぱい広がっていく状態。
一番手応えがある人と、無料通話アプリ交換をしました。

 年上の人。
40代の既婚男性です。
オナ見せ願望のある私のことを、しっかり理解してくれていました。
まずは、一般的な会話から始めてくれる、紳士的な人。
オナニーの見せ合い
徐々に私の気分を盛り上げてくれるような、エッチな言葉を使ってくれるように。
その気になった私は、知らない人と通話をしながらオナニーを始めたのです。

 たっぷり感じ始めた頃でした。
「ほら、エッチな姿を見てあげるよ」
このセリフに、すっかりスイッチが入った私は、カメラを起動したのです。
「とっても卑猥な肉体をしているんだね。エッチな奥さんだ」
エッチなキーワードを言われ、ますます興奮。
「マン汁が溢れちゃってるじゃないか」
見られている興奮もまざり、さらに強い異様な心持ちになっていくのです。
オナニーを見られている。
喘ぎ声を聞かれている。
男性に指示をされている。
いろいろな要因がまざり合い、心が乱れまくっていくのでした。

 出会い系で、相手の人を募集して本当に良かったと思っています。
満足のいく関係を作れました。
たっぷりと興奮できて、納得のいく快楽が得られました。
オナ電アプリ
オナ電アプリ

Get Started Now